2016年度道具学研究発表フォーラム「ハイテクも伝統技術も道具世界」 (於・鎌倉 浄智寺)
発表梗概集

■日時 2017年1月21日(土)10:00~17:00
        1月22日(日) 9:30〜12:20
■会場 浄智寺 書院

1 …… 巻頭言 2016年度研究発表フォーラム梗概集発行にあたって  高梨 廣孝・石崎 友紀
2 …… フォーラム当日タイムテーブル
5 …… 【特別講演】手袋の多様な世界  福島 令子
8 …… 【口頭発表01】メタファーとしての道具村構想―そこに託された想いとは 藤本 清春
12 …… 【口頭発表02】盲唖院の教育的遊戯物について 谷本 尚子
14 …… 【口頭発表03】道具が媒介する音の歴史―モシ王国の太鼓とことばを巡って 川田 順造
15 …… 【口頭発表04】和錠(江戸時代の錠前)  鶴岡 道夫
18 …… 【口頭発表05】台湾原住民Taromak族の自然共生と道具世界  三橋 俊雄
20 …… 【口頭発表06】モバイルゲームの中の道具観―ポケモンGOを題材に  齋藤 紀行
21 …… 【口頭発表07】納得のいく暮らしの道具― 私の道具ヒストリー ―  曽根 眞佐子
22 …… 【口頭発表08】人工頭脳を持つ道具たち― 家族としてのロボット―  田邉 鈴賀
23 …… 【口頭発表09】思考と言語・日本語文字リテラシーの獲得・確立  大町 正和
27 …… 【口頭発表10】手加減し易い小道具  古川 政明
29 …… 【口頭発表11】電気炬燵の歴史と変遷     大西 正幸 +家電研究会
33 …… 《展示発表》1/24自動車プラモデルから見る日米伊の技術文化の差異  川島 健夫
34 …… 《展示発表》鉄道ヘッドマークデザインのワークショップ〜那珂湊第一小学校での事例報告〜 成瀬 由唯+渡邉 哲意
35 …… 発表者リスト+梗概集発行記録(裏表紙)

2015年度道具学研究発表フォーラム「これまでとこれからの道具学会」 (於・滋賀県立大学)
発表梗概集

■日時 2016年1月23日(土)13:00~18:25
        1月24日(日) 9:30〜10:15
■会場 滋賀県立大学 D0棟2階 会議室

1 …… 巻頭言 2015年度研究発表フォーラム梗概集発行にあたって 高梨 廣孝・石崎 友紀
2 …… フォーラム当日タイムテーブル
4 …… 【基調講演】道具学会のこれまで・これから   面矢 慎介
8 …… 【口頭発表01】道具の供養をめぐって  川田 順造
10 …… 【口頭発表02】道具論研究宣言—次代に繋ぐべき「道具論」の源流を探る論を求めて —栄久庵憲司型発想の「来し方と行く末」 藤本 清春
18 …… 【口頭発表03】高齢者の寿命延伸装置—板橋区立中台ふれあい館における事例  大町 正和
23 …… 【口頭発表04】民具調査の中から—洗濯機ふたつ  岡本大 三郎
26 …… 【口頭発表05】NHK教育テレビ番組の技術文化考察  石崎 友紀
28 …… 【口頭発表06】治具に対する考察  高梨 廣孝
33 …… 【口頭発表07】戦後の進駐軍向け住設備—電気とガス  大西 正幸 +家電研究会
36 …… 【口頭発表08】粗品の諸相—中田家コレクションの調査からー  横川 公子
42 …… 《展示発表01》日本のフォールディングナイフ・肥後守  齋藤 紀行
44 …… 《展示発表02》漁具 うなぎ  森岡 誠
46 …… 《展示発表03》メキシコの陶磁器  曽根 眞佐子
48 …… 掲載発表者リスト
49 …… 梗概集バックナンバー発行記録

2014年度道具学研究発表フォーラム (於・静岡文化芸術大学)
発表梗概集

《基調講演》
「道具学と私−道具学の一つの視点とその実践」   小林 繁樹

《口頭発表》
「クラヴィチェンバロ・コン・ピアノ・エ・フォルテという発明」  峯 郁郎
「黒船再考・絹が与した日本近代化に関する一考察」  大町 正和
「ぬいぐるみの存在—擬人化した動物型愛玩生活財—」   草野 桃子
「東京デザイナーズウィーク2014『水滴画』」   静岡文化芸術大学デザイン学部空間造形学科学生(代表発表者:橋本 旬平)
「市民とつくる光の道具—静岡文化芸術大学公開工房開催の歩み」  佐藤 聖徳
「迎賓道具文化論—世界に繋がる「もてなし」の道具論を求めて」  藤本 清春
「地域活性化に向けての提案—クラフトフェアーの立ち上げ—」  里森  滋
「7100 形SL の七つ道具とスタイリングの評価」  石崎 友紀
「re-design という行為—記憶のデザイン」  平田 哲生

《展示発表》
「最古の道具ともいえるナイフを自らの手で作る楽しさ!」  小池 憲男
「天然スレートに魅せられて」  大沢 慶子
フォーラム当日タイムテーブル
掲載発表者リスト
梗概集バックナンバー発行記録

2013年度道具学研究発表フォーラム (於・新宿NPO協働推進センター)
発表梗概集

〈口頭発表〉
「技術文化の三角測量(大英博物館修復室、日本製模造品、贋作)」 石崎 友紀
「蔵移築で発見した高度な木工技術について」 大沢 匠
「東芝(昭和39)製・複合調理家電:スナック3(スリー)— 序論」 磯貝 恵三
「スナック3—技術的側面から」 大西 正幸
「山口さんの道具学資料」 小俣 邦夫
「“Homo portans” 運ぶヒトの道具学序説」 川田 順造
「遠州から飛び立った赤とんぼ」 高梨 廣孝
「小児がん患児に対するインフォームドコンセントアプリの制作」 渡邉 哲意、石川 雄仁、牛久保 咲江、鈴木 啓修、坂口 茜、田口 美希、富永 真結、松澤 あや、たちばな いさぎ
「『起動態道具文化論』序説—『オートバイ道具論』探究への道」 藤本 清春

〈展示発表〉
「小児がん患児に対するインフォームドコンセントアプリ」石川 雄仁、牛久保 咲江、鈴木 啓修、坂口 茜、田口 美希、富永 真結、松澤 あや、たちばな いさぎ、渡邉 哲意
当日タイムテーブル/口頭発表者リスト/梗概集バックナンバー発行記録

2012年度道具学研究発表フォーラム(於・武庫川女子大学)
口頭発表梗概集

「道具のマニュアルと作法の技術文化差異」 石崎友紀
「七角形のデザインーその後」 磯貝恵三
「十日戎の縁起物」
大井佐和乃
モノづくり企業を活性化する4つの秘訣〜ネジザウルスGTの開発から得られた「MPDP」 髙﨑充弘
「世界を跳びまわった“子犬” ードゥカティ最初のバイク cucciolo T50」 高梨廣孝
「カード遊具を中心とした歌舞伎町キャラクターコンテンツの展開 」Development of the character content featured Kabuki-cho which centers on the card game  山口果奈子 中里智美 小暮麻耶 毛丹 海老塚みゆき 坂口茜 渡邉哲意
札幌市路面電車における既存車両の交通弱者対応化のデザイン提案  大坪聡一郎
生活家電・白熱電球の歴史 大西正幸
「アナログ志向道具文化論のために」 川田順造
「緑の道具論―車椅子文化のさらなる展開を目指して」 藤本清春
被災チャリティーグッズの表象文化的研究
  森田雅子
炊飯器の変遷  家電研究会
開催概要/口頭発表者リスト/フォーラム当日タイムテーブル/梗概集バックナンバー発行記録

2011年度道具学研究発表フォーラム(於・日本工業大学学友会館ホール)
口頭発表梗概集

開催概要ならびにフォーラム当日タイムテーブル
「からだと道具」
川田順造
デジタルとアナログを繋ぐ道具の研究-Ⅰ(ライカ用レンズ対応マウントアダプターの計測と考察) 石崎友紀
「個人の木工房の道具立てと、その運用・私の場合」 里森滋
生活家電・電気竈のはじまり
大西正幸
積雪寒冷地の移動道具として路面電車を観察する
大坪聡一郎
ライブハウスでの演出:中国と日本の鑑賞者の意識の違い 中国における音楽興行のハコモノ空間演出に関する研究
渡邉哲意
『蔵のチカラ』~移築再生で考えたこと
大沢匠
製品開発のコミュニケーションツールとしての漫画の可能性 The appplication of “Manga method” as communication tool fo development of new products 細田彰一
「デジタル道具文化論」序説—「機械文明的命題」を 道具文化的探究」で解く 藤本清春
発表者リスト
梗概集バックナンバー発行記録

2010年度道具学研究発表フォーラム(於・国立民族学博物館本館2F セミナー室) 
口頭発表梗概集

開催概要
まちづくりの道具としてライトレールを概観する
石崎友紀
「台灣農業時期的竹工藝與生活文化(戦後期(1945-1995)における台湾の竹工芸と生活文化の発展についての研究)」 高宜氵芳、陳譽云、三橋俊雄、黄世輝
「Bionic Design of Museum for Human Behavior」 邱婉婷、荘心宜、三橋俊雄、邱上嘉
「道具の“態”様」 近藤雅樹
「ピアノの発達史—ピアノは何を求めて発展したのか」 高梨廣孝
「台湾・南投県竹山地域における竹と生活文化・生活技術」 陳譽云
「コミュニケーションツールとしての都市住宅」 西田徹  
発表者リスト
フォーラム当日タイムテーブルならびに梗概集バックナンバー発行記録

2009年度道具学研究発表フォーラム(於・宝塚造形芸術大学(現宝塚大学)東京新宿キャンパス 4階403号室) 
口頭発表梗概集

ぷらす竹vs.プラスチック
小俣邦夫
地域デザインと食玩
 西田徹・横川公子
生活家電・電気扇のはじまり
大西正幸
新玩具道具論提起
藤本清春
大道具としての復興建築
深谷健司
日本初の自動耕耘機~小田吾一の軌跡~
吉田隆
道具としての住まい
 大沢匠・齋藤紀行
ウズベキスタンの縁台—受け継がれる屋外家具—
岸本章
平成に残る明治~昭和の井戸端と水の器
吉田裕彦
『平安時代の自動車文化—平安と現代の比較車文化論』
山口昌伴
美術作品制作のコンセプトヘの道具と用法の関わり
田附楠人
口頭発表者リスト
フォーラム当日タイムテーブルならびに梗概集バックナンバー発行記録